トップ  >  パートナーシップ戦略  >  【パートナーシップ戦略】アサーションによる上手な不満の伝え方
パートナーシップ戦略

アサーションによる上手な不満の伝え方


結婚されている方のご相談の中で
一番多いご相談は、夫への不満に関すること。

「家事や育児を手伝ってくれない。」
「服や靴下が脱ぎっぱなしで部屋を散らかす。」
「テレビやスマホに夢中で、私の話を聞いてくれない。」
「私の気持ちに共感してもらえない、分かってもらえない。」
「夫の言葉に優しさや愛情を感じられない。」
「面倒なことはいつも私に任せっぱなし。」

こういった夫への不満や悩みが出てくるのは、

夫が妻に恋愛をしている時に見せるような、

・よりよい自分を見せる
・女性のために頑張る
・女性に愛を伝えようとする。
(例えば、「愛してるよ。」「好きだよ。」「可愛いね。」などの言葉)

をあまりしなくなったため
(正確には、結婚したことで、それを行う
意欲や必要性が低くなったのですが)

妻の方に、
「私は夫から大切にされていない。」
と感じさせ、それが不満となって表れています。

妻の側にも、結婚したことで、
夫に対するコミュニケーションや見え方が
変化しているのですが、

意外と自分の変化には
気づいていないものだったりします。

そのため、夫への不満を解消するためには
妻がよりよいコミュニケーションを意識的に行う
ことが必要になります。

(★パートナーシップをよりよくできる鍵は、
大抵の場合、女性にありますので、

ちょっとしんどいところではありますが、
女性が、夫婦関係改善のためのリーダーシップを
とることをおススメしています。)

その1つの方法として、アサーションをご紹介します。

アサーションの考え方では
コミュニケーションを3つに分類しています。

1:不十分な自己表現:非主張的な自己表現。
考えていることや気持ちを表現できない状態。

2:過剰な自己表現:攻撃的な自己表現。
他者の気持ちや考えを否定的にとらえ自己主張を押し切る状態。

3:適切な自己表現:自分も相手も大切にしようとする自己表現。
不十分な自己表現と過剰な自己表現の中間。

3番目の適切な自己表現を行うために
紹介されている方法は、DESC法と呼ばれるものです。

DESC法とは、

●Describe (状況を描写する)
状況や相手の行動を描写する。
具体的で客観的に表現できることを述べる。

●Explain (自分の気持ちを説明する)
(D)に対する自分の気持ちを説明する。
相手の気持ちへの共感もあれば表現する。

●Specify (提案をする)
相手どのようにしてもらいたいのか、具体的な行動を提案する。

●Choose (選択する)
相手がYesと言った場合とNoと言った場合について
なんと応対するのか考える。

例えば、

夫が食器を洗った後に、水でシンク周辺が
びしょびしょになっていることを
どうにかしてほしいと思っていたが、何も言わず非主張的だった。

という出来事について、
DESC法で夫に伝えるとすると・・・

●D:状況を描写する
「食器を洗ってくれた時のことなんだけど
シンクの周りに水がはねてびしょびしょだったんだ。」

●E:自分の気持ちを説明する
「食器を洗ってくれたことはすごく嬉しいんだけど、
シンクの周りがびしょびしょだとその嬉しい気持ちも
少しがっかりした気持ちになってしまうの。」

●S:提案をする
「食器を洗った後は、
シンクの周りをタオルで水を拭いてもらえる?」

●C:選択する
相手がYesと答えた場合:
「分かってくれてありがとう。本当に助かる!」

相手がNoと答えた場合:
「分かったわ。じゃあ食器を洗った後、私が拭くね。」

このDESC法で、
相手からYesの返事をもらうために
一番重要なところは、

自分の気持ちを説明するところ。

多くの夫婦関係の問題は、

「言わないでもわかってくれるだろう。」
「言わないでもわかってほしい。」

とお互いに思っているところにあります。

特に気持ち(感情)に関しては、
男女の感じ方の差もあり、

お互いになかなか理解ができないところなので、
詳しく気持ちを伝える必要があります。

また、女性はちょっとした不満でも男性に伝え
そのことに快くYesと答えられ、
状況が改善されたことを経験すると

「あなたはいつも分かってくれない。」
「あなたはいつも自分勝手だ。」

という思いこみに変化が生じるため
関係改善に向けて、スタートがきれるようになります。

ぜひ、DESC法を使って、
上手に不満を伝えてみてくださいね。

夫婦関係のお悩みにー夫婦関係カウンセリング&コーチング


「夫に愛情を感じられず、不満ばかり感じている。」
「夫が浮気をしているようで、どうしたらいいのか分からない。」
「このままの夫婦関係で大丈夫なのか不安を感じる。」

このようなお悩みをお持ちの方に、離婚、修復どちらも視野に入れて
幸せな結婚生活を実現するためのお手伝いをさせていただいています。

夫婦関係カウンセリング&コーチングについてはこちら!

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:6 平均点:3.33
前
【パートナーシップ戦略】トラウマの再演・解消と産後クライシスの克服
カテゴリートップ
パートナーシップ戦略